Tシャツの素材とさまざまな使い道

クラスTシャツなら素材にこだわりたい

クラスTシャツなら素材にこだわりたい

体育祭、文化祭、修学旅行など、クラスの団結を強めるお揃いのデザインのクラスTシャツが人気です。
昔は色を指定して各自で買ったりしていましたが、そのせいで色が微妙に揃わなかったり、見た目もちぐはぐで綺麗とは言えませんでした。
今ではクラスTシャツ製造業者が増え、また、それに伴い価格もリーズナブルになった為に、一括して注文するのが当たり前になっています。全員が同じ色とデザインのTシャツで統一されたその姿は、遠目にも圧巻です。
ただし、イベント時に用いられる「その場限り」的な要素の大きいものなので、当然クオリティが低いものもあります。
色落ちや首回りのヨレ、洗濯時の型崩れなどです。それらの原因は全てTシャツの素材に起因しています。
素材の良いTシャツを選んで作れば、思い出の一着としてその後も大事に着たり、部屋に飾っておくこともできます。
また、写真に残ることも多いですから、見栄えが良く高品質の物を選んで発注することが大切と言えるでしょう。

クラスTシャツのさまざまな使い道

学校のクラス全員でお揃いのプリントをして作るクラスTシャツは、クラスのみんなの団結力を高めたりチームであることをアピールするのに最適で、さまざまな使い道があります。
一番活躍してくれるのは文化祭や学園祭などの行事でクラスの出し物をするときで、劇のスタッフやお店の売り子などがみんなで着用すればどのクラスかすぐに分かり、宣伝効果も抜群です。
体育祭のチームや合唱祭などステージに上がる機会があるイベントでも便利で、一体感を演出できます。
クラスTシャツは担任の先生や引越すクラスメートのためのお別れ会や、クラス替えの前にみんなの似顔絵や全員の写真、マスコットキャラなどをプリントして記念品としても使うことができます。
メッセージを書きこんだりオリジナルのアイデア次第でいろいろなデザインができるので、世界に一つだけの素敵な作品が作れます。
イベントのユニフォーム、記念品、プレゼントなどたくさんの使い道があるので活用してみましょう。