Tシャツの素材とさまざまな使い道

お揃いのクラスTシャツコーデでさらに盛り上がろう

お揃いのクラスTシャツコーデでさらに盛り上がろう

みんなでおんなじ色やロゴマークのTシャツを着るのは、統一感も出るしいい思い出になります。
でもプレーンなままのTシャツでは面白味に欠けますから、自分流に着方をアレンジしたりしてみましょう。
特に仲のいいグループ同士でクラスTシャツのコーデを揃えるのは、仲間同士の絆が深まるメリットもありおすすめです。
クラスTシャツのコーデについては、アウターやインナーを重ね着したり小物に一工夫することで簡単にできます。
そんな普通のアレンジはつまらないという個性派なら、つけエリを付けたりバッジを付けたりして飾りを増やしてみるのもいいはずです。
他にもTシャツの襟や裾にはさみを入れて、フリンジ状にしたりオフショルダーっぽくするのも面白いのではないでしょうか。
学校のイベントとはいえ、文化祭や運動会ではちょっと派手目な格好をしても許される風潮があります。
当日までの時間を利用して、友人同士でお揃いコーデのクラスTシャツのアレンジ方法を追求してみるのもいいでしょう。

クラスTシャツのテーマを考えよう

クラスTシャツは、団結力を高めたりイベントに対するやる気を引き起こしてくれたりする上で、とても重要なアイテムです。
しかしクラスTシャツのデザインをどんなものにするのか皆で話し合う時に、揉めてしまうこともありますよね。
しっかりとリーダーを決めてどんなデザインにするのか会議を開きましょう。
その際に、クラスTシャツのテーマの様なものを考えてから作成に入ると上手くいきます。
クラス全員の意見を必ず聞いていきましょう。
どんなデザインにするか、その為には大きなテーマを一つ決めます。
そのテーマに沿ってTシャツのデザインを考えていきます。
色はどうするのか、どんなプリントを入れるか、テーマが決まっているとそれに合ったデザインでイラストなどを起こしていきますので、道筋が出来て考えやすくなります。
クラスの中で、イラストを描くのが得意な人は必ずいます。
何人かにお願いしてTシャツを形にしていきましょう。
全員が納得して一生懸命考えて出来上がったクラスTシャツは、いつまでも思い出に残りますよ。