Tシャツの素材とさまざまな使い道

学割やキャンペーンを利用してクラスTシャツをお得に作ろう!

学割やキャンペーンを利用してクラスTシャツをお得に作ろう!

学生ならではの思い出に残るイベントとして、多くの人が思い浮かべるのが学園祭だと思います。
学園祭は、クラスでまとまって模擬店やお化け屋敷など、ひとつのものを作り上げていく過程にドラマがあるからです。すべてのものを自由に考えながら、形作っていく体験は、一生の思い出になります。
また、学園祭の様子は必ずといっていいほど卒業アルバムにも掲載されるため、当日の服装は非常に重要です。
普段は制服のみを着ることが多い学生ですが、こうしたイベント時にクラスでデザインを考え、クラスTシャツを作ることは大変思い出に残りますし、シャツの作成に学割が適用できる企業も多いため、学生ならお得にクラスTシャツを作ることができるようです。
自分たちの思い出にも、卒業アルバム等の記録にも残りますし、現物として作ったクラスTシャツは手元に残り、飾っておくこともできます。学生時代の思い出を忘れずにいられるクラスTシャツは大変魅力的なものです。

クラスTシャツのデザインを一人ひとり変えることはできる?

文化祭などのイベントでクラスTシャツを作成することも多いでしょう。多くの場合、同じデザインのものを業者に委託して作成してもらいますが、少しずつデザインを変えて作りたいという場合、業者に依頼すると非常に高額になってしまいます。
クラスTシャツの作成で、一人ひとりのデザインを変えるのであれば、家庭用のプリンターを使ったアイロン転写シートでの作成がおすすめです。あらかじめおそろいの無地のTシャツだけ用意しておきましょう。
パソコンで少しデザインを変えるだけですので、非常に手軽ですし、作ったその場から着用できるので業者に頼むよりも作成期間が短くて済むというメリットがあります。
また、デザインはそのままでカラーだけを変えたいという場合にもアイロン転写シートはおすすめですが、他にもステンシルプレートを使った方法も手軽でおすすめです。
布用のインクで好きな色を使って染めていくだけですので、一人ひとり個性的なTシャツを作成することが可能です。