クラスTシャツを作る方法とは?

クラスTシャツで使えるフォントって?

Class T Design

文化祭などでクラスの出し物をするときには、クラスTシャツを作るところも多いです。
クラス全員で意見を出し合ってデザインを考えていくことも大切ですが、仕上がりの良さには印刷する文字のフォントも大きく影響します。
デザインに対してあまりにミスマッチなフォントにしてしまうとせっかくのデザインも台無しになってしまうかもしれません。
このクラスTシャツで使えるフォントは、実は制作を依頼する会社によって異なります。
その会社の指定するものの中から一つ選んで使用するという形式が取られています。
そのため、会社ごとにラインナップが大きく異なります。
そして、選ぶことのできる選択肢の数にも違いが生じてきます。
よりクラス全員の意見を反映し、より理想に近いTシャツを仕上げるためには、当然じっくり考えてデザインを練ることも大切ではありますが、依頼する業者選びも大切です。
せっかくのデザインを十分発揮させられるためにも、フォントにも注意してクラスTシャツを作ってみるとよいでしょう。

フレーズをデザインしたクラスTシャツ

体育祭や文化祭などでクラスTシャツを作りたいと考えている方は多くいると思います。
いざ作ると決まったとしても、どんなデザインが良いか?となるとまたそこで手が止まってしまうものですよね。
そこでおすすめなのがクラスTシャツにフレーズをデザインすることです。
例えば「体育祭で優勝する」といったフレーズはシンプルですが意気込みを感じさせ、同じTシャツを皆で着ることで一致団結をはかることができます。
四文字熟語のようなストレートなメッセージでも格好良いデザインになります。
同じようにクラスの目標をフレーズとして、Tシャツにデザインしても良いと思います。
また、担任の先生の口癖などをデザインするとそのクラス特有の空気感が伝わります。
少しシュールなデザインになっておすすめです。
Tシャツに文字をデザインするなら、イラストはあまり入れない方が文字が読みやすくなります。
長いフレーズだと特にイラストはワンポイント程度に抑えた方が良いでしょう。