クラスTシャツは色とデザインのバランスが重要です

クラスTシャツの色味で悩んだ時は、シミュレーションしよう!

クラスTシャツの色味で悩んだ時は、シミュレーションしよう!

学生の頃、運動会や文化祭、部活動などの機会に、仲間とお揃いのTシャツを制作された方は多いのではないでしょうか。
このいわゆるクラスTシャツ、学校によってはクラス数が多いところもあるため、Tシャツの色が他のクラスと被らないよう気を付けなければなりません。
隣のクラスはこの色にしそうだと予想したり、赤や青、黒などの人気の色をあえて使用せずに、マイナーな色をチョイスするなどといった工夫が必要です。
また、学校生活の思い出が詰まったクラスTシャツは、ゆくゆく大事な思い出のアイテムとなること間違いありません。
仲間全員が楽しく着用できるよう、色味などをシミュレーションすることも忘れてはいけません。
具体的には、おおよそ色の候補が定まった頃に、同じ色のハンカチを1枚用意し、同ハンカチを用いて一人ひとりでイメージしてみるとシミュレーションしやすいのではないでしょうか。
クラスTシャツはデザインを入れることも多いため、色の兼ね合いをイメージすることも大切です。

クラスTシャツは色とデザインのバランスが重要です

クラスTシャツを作るときは、イラストを大きく書いて、文字を入れるというのが一般的な流れです。
イラストは得意な子に書いてもらいますが、作るクラスTシャツは多くの場合1色刷といって、ひとつのインクで印刷を行います。
もちろん、フルカラーでも行うことができるのですが、その分費用が必要になります。
クラスTシャツを作る時、バランスが非常に大切になります。
黄色いTシャツに白で印刷しても、何が書いてあるのかまったくわからなくなってしまいます。
黒のインクにすれば目立ちますが、クールな印象ではなくなってしまいます。
Tシャツを作る際には、イメージするイラストに色やデザインを合わせる必要があります。
燃えるようなイメージであれば、赤を選択すればいいですし、クールな印象にしたいのであれば青がいいでしょう。
印刷は大きければ目立ちますが、デザインによってはシンプルにまとめた方がきれいに見えることがあります。
全体のバランスを考えて作るようにしましょう。