クラスTシャツを作る方法とは?

無地のクラスTシャツをもっとおしゃれに

Class T Design

クラスTシャツは運動会や文化祭などイベントには欠かせないおそろいグッズです。
オリジナルのデザインで制作すればクラスの絆が深まること間違いないでしょう。
多くのクラスTシャツ制作会社は基本的に無地のTシャツが使用されます。
無地であるがゆえにデザインの幅が大きく広がります。
例えばTシャツのフロント部分にネクタイの柄をデザインすれば少しかっちりとした雰囲気が男女共に可愛らしいクラスTシャツになります。
また、背中部分にクラスの目標や格言を格好良くデザインすればメッセージ性の強いTシャツになりますし、フロントに先生の口癖をデザインすると少しシュールなデザインTシャツとしても活躍できます。
また、無地Tシャツで大切なのがカラーバリエーションです。
たとえデザインがなくとも、同じ色で統一することでチームワーク性のあるクラスTシャツになるのではないかと思います。
クラスの一致団結にはTシャツがおすすめのグッズです。

クラスTシャツを切るアレンジやサービス。

クラスTシャツを切るアレンジ方法や、専門に切るサービスがあります。
クラスTシャツは文化祭や体育祭、その他の学校行事やイベントにおいて、様々なシーンでデザインやサイズを決めて大量発注するのが一般的ですが、最近ではクラスTシャツを切るカットアレンジが徐々に流行し始めたことで、クラスTシャツを切るサービスがあります。
一昔前にダメージジーンズが流行ったように、シャツやカットソーにダメージを与えた演出をさせ、やさぐれた雰囲気や、新品なのに味わい深いビンテージ風な雰囲気を醸し出すことが可能なため、体育祭や学校祭などの催し物が行われる時期になると、カットアレンジの発注が増加しています。
数年前までは、学校ジャージなどを部活動で着用する際に、自分で自ら切り込みを入れたオリジナルカットを着用するようなシーンはありましたが、最近ではファッションの1つとしても取り入れられるようになり、私服のバリエーションの1つとしてオーダーする方も多いです。